女性

お世話になった人へ贈る

お中元は、お世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈る夏の習慣です。人気のある商品は、冷たいものやそうめんなど、夏の暑さを乗り切るようなものが多いです。相手が喜ぶような物を考えて、商品を選ぶことが大切です。贈る時期が遅くなった場合は、表書きを「暑中御見舞い」と書いて贈りましょう。

詳しく見る

お中元

夏のご挨拶を贈ろう

お中元を贈る時期は地域によって少し違いがあるので、迷ったときは7月上旬に贈っておくと安心でしょう。最近は短冊熨斗などもありますが、水引は蝶結びのものを選び、遠方に住んでいるなどして直接持参して渡せないときは、送り状を同封しましょう。

詳しく見る

女性

知っておきたい費用のこと

あまりに高額すぎるお中元というのは、かえって失礼に当たることもあるのです。お中元の相場は5000円前後といわれていますが、これはあくまでも目安であり、相手との関係性や自分の収入などを鑑みて予算を考えたほうが良いでしょう。

詳しく見る

贈るタイミングは

お中元

時期が外れると失礼

日本の風習としてお中元があります。このお中元はいつもお世話になっている人への感謝の気持ち、これからも継続してお付き合いをしていきたいという気持ちを込めて贈ります。このお中元にもマナーがあり、これを知っておかないと相手に失礼になったり、迷惑をかけたりすることもあるので良く知っておく必要があります。まず知っておく必要があるのが、お中元を贈るタイミングです。地域によって贈るタイミングは異なりますが、関東では7月上旬から7月15日までに贈るのが一般的です。もし過ぎてしまった時には、お中元としてではなく、暑中お見舞い、残暑お見舞いとして贈ると良いでしょう。また、贈る相手もしっかりと確認をする必要があります。政治家や公務員の人にお世話になっているからとお中元を贈ると迷惑をかけることにもなります。公務員は利害関係がある人からの金銭や物品は受け取りを禁止されています。政治家では公職選挙法に抵触するので相手のためにも送らないようにしましょう。お中元はこれからも継続的なお付き合いをする人に贈るものです。そのため、一度限りのお礼として贈る場合には、お中元ではなく、御礼として贈るのがマナーです。このように、お中元にもいくつかのマナーがあります。このマナーを知っておくことで相手との関係も良好に保つことができるでしょう。相手の好き嫌いを確認する、贈る時期が厚い季節なのでなるべくなら生ものは避けるなど、相手のこともよく考えて喜んでもらえる物を贈りましょう。

お中元

あなたも贈ってみませんか

お中元は日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちを伝えるための贈り物です。贈るものにルールはありませんが季節のものをお贈りすると喜ばれることが多いようです。また贈り物を頂いたときは迅速にお礼をお伝えしましょう。

詳しく見る

女性

記録が残り安心

お歳暮、お中元の手配をする際には、しっかりと記録を残しておかなければ、二重送付、送り忘れの原因になります。これらの問題を一気に解決してくれるのがインターネット通販です。購入、送付履歴が残るため、記録の必要がなくなるだけではなく、手間も省くことができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 お中元のマナー【贈る相手もしっかりと確認】 All Rights Reserved.