夏のご挨拶を贈ろう

お中元

マナーにも気をつけて

日本には日ごろの感謝を込めて贈り物をするという習慣があります。お中元もそのうちのひとつで、感謝だけではなく、これからもよろしくお願いしますという思いを込めて夏に贈ります。今回はそんなお中元について、マナーなど知っておくと良い情報をいくつか紹介していきたいと思います。まず、お中元を贈る時期ですが、関東では7月上旬から7月15日あたりが目安になっており、関西の場合は7月上旬から8月15日までとなっています。地域によっても少し違いがあるようなので、時期に迷ったときは7月上旬に贈っておくと安心でしょう。次に熨斗についてですが、最近は短冊熨斗のように簡易的なものも多くなりましたが、水引がついたものを選ぶときは蝶結びのものを選ぶと良いでしょう。正式なマナーにこだわるとすれば、お中元は風呂敷に包んで持参するのがマナーです。訪問するときは相手の都合を伺ってからにし、渡すときは相手に熨斗が読めるようにして渡してください。遠方に住んでいるなどして直接持参できない場合は宅配便を利用します。この場合は日ごろの感謝や御礼を書いた送り状を同封するようにしましょう。もしくは、贈り物よりも先に届くように送り状を送ってください。なお、お中元を頂いた場合ですが、基本的にはお返しは不要です。しかし、今後の付き合いなどを考えてどうしても渡したいときは、少し渡す時期をずらしてお中元ではなく、残暑見舞いのかたちをとって贈り物をするのもひとつの方法です。

Copyright© 2018 お中元のマナー【贈る相手もしっかりと確認】 All Rights Reserved.