知っておきたい費用のこと

女性

相場を知って賢いつきあい

以前よりは廃れたといわれるお中元・お歳暮文化ですが、現在でも交流の一端として活用されることは多く、マナーの一環として知っておいたほうが良いことのひとつには変わりありません。一般的なお中元の相場としてはおよそ4〜5,000円といわれていますが、あくまで目安として覚えておいたほうが良いでしょう。相手との関係性によって金額は変わります、たとえば職場の上司の場合は相場よりもやや高い6〜7,000円前後の物を贈るのがベターだとされています。自分より上の立場に当たるといっても、課長や部長のように役職がある人や、恩師である教員などにはこれよりも高い金額のお中元をおくることもあるでしょう。ココで注意が必要なのは高い金額のものを贈ればよいというのは間違いだという点です。お中元を送る場合、自分が相手よりも格下・目下の場合にはあまりにも高価なものを送りすぎるのは却って失礼に当たることもあります。贈られた方も「こんなに高いものを贈らなくていいのに」と気後れしてしまったり、付き合いにくいと感じてしまうケースもあるようです。お中元にかかわらず、贈り物をするときには相手の気持を考えることも必要だということを忘れないようにしましょう。贈る時の費用は抑えつつ、自分の給料にどれくらい余裕があるのか、相手との関係性はどうかなどを考え“無理のない範囲でプレゼントすること”が何より大切なポイントです。選び方がわからない時は百貨店や家族などにアドバイスを貰いながら選ぶのも良いかもしれません。

Copyright© 2018 お中元のマナー【贈る相手もしっかりと確認】 All Rights Reserved.