お世話になった人へ贈る

女性

のし紙の選び方

お中元は、お世話になっている方々へ、日頃の感謝の気持ちとして贈り物をする夏の習慣です。贈る時期は地域によって差がありますが、東日本では7月上旬から中旬まで、西日本では8月上旬から中旬までに贈ることが一般的です。贈る時期が遅くなってしまった場合、表書きは「暑中御見舞い」と書き、目上の方には「暑中御伺い」と書いて贈ります。立秋を過ぎたら「残暑御見舞い」、「残暑御伺い」とします。贈る相手は、家族や親戚、会社の上司や取引先、恩師、友人・知人などです。予算の目安として、3,000円から5,000円くらいが一般的です。先祖へのお供え物としての意味もあるので、贈るものは食べ物が中心になっているようです。人気のある商品は、ビールなどのお酒、アイスクリームやゼリー、あんみつなどの夏のスイーツ、夏のフルーツやジュース、和菓子、そうめんなどがあります。お中元にもらいたい物としては、商品券や産地の生鮮食品が上位に入っています。お中元をもらったら、お返しとして手紙でお礼状を書くのがマナーです。親しい友人などには、電話やメールでも良いのですが、目上の方へは手書きの手紙を送りましょう。お返しは、同額程度のお中元を贈っても問題はありません。感謝の気持ちを贈る習慣なので、お互いが喪中の場合でも、お中元を贈ることは差し支えがありません。のし紙は、水引きが紅白で花結びになっている、一般的なお祝い用を使います。喪中時ののし紙は、白短冊や無地の奉書紙を使用します。贈り主の名前は、個人名の場合はフルネームで書くのが一般的ですが、目下の人へ贈る場合は苗字だけでも良いようです。

Copyright© 2018 お中元のマナー【贈る相手もしっかりと確認】 All Rights Reserved.